美容ライターの文学書|宮崎県版

自分自身の体を大切に、初めてのひと必見!脱毛サロンに行くなら知っておきたいことなど

*

脱毛サロンに通っているときの自己処理はどうする?

datsumo-angel_044

脱毛中の毛抜きの使用はNG

脱毛サロンに通っているときは、自己処理をしてはいけないと考える人も少なくないようですが、脱毛中でも自己処理はOKです。ただ、自己処理の方法によっては、しないようにと言われることもあります。

例えば、脱毛期間中はカミソリやシェーバーでシェービングすることはOKだけど、毛抜きを使っての自己処理をするのは控えるようにと言われます。その理由は脱毛時に使用するレーザーやフラッシュ(光)の特性が関係しています。

レーザーとフラッシュは、どちらも色素の濃いものに反応します。ですから、照射することで肌表面にポツポツとある黒い毛に反応するため、そこから毛根部分にまで熱が伝わって、結果として毛根部分にある毛を作る組織を破壊することができるんです。

しかし、毛抜きで毛を抜いてしまうと、しばらくは毛が生えてこなくなってしまうため、「肌表面にムダ毛が伸びてこない=レーザーや光が反応しない」ということになります。

つまり、抜けている部分の毛は脱毛処理ができないということになってしまうんですね。なので、定期的に脱毛処理を確実に行えるようにするために、脱毛中の自己処理は「抜くのではなく、剃るようにしてください」と言われるというわけです。

脱毛中の除毛クリームのお手入れもNG

では、手軽にできる除毛クリームでのお手入れはどうなのかというと、こちらもNGです。除毛クリームは、肌表面の毛を溶かす強い薬剤を肌に塗ることで除毛を行いますから、肌への刺激が強いんです。

ですから、肌へ与える負担は大きく、肌荒れなどの原因にもなります。肌荒れが起きていると、脱毛を行うことはできませんから、脱毛中の除毛クリームでの自己処理も控えなければなりません。

脱毛中の除毛はシェーバーがおすすめ

以上のことから、脱毛期間中のムダ毛の自己処理は剃るという方法になりますが、カミソリと電気シェーバーであれば、電気シェーバーによる除毛のほうがベターです。というのは、目に見えない傷を肌表面にたくさん付けてしまうカミソリと違って、電気シェーバーは肌にかける負担が一番少なく済むからです。

特に施術後の1~2週間は肌へのダメージが残ってますので、できるだけ刺激のない方法でムダ毛の処理をすることが大切です。強い刺激が肌にあると、炎症が長引いたり、色素沈着したりするというリスクが増えますので、処置後すぐは肌に優しい方法でムダ毛処理をすることが求められます。

その点で、電気シェーバーは比較的肌への負担が軽い除毛方法ですから、脱毛後の肌でも安心して使うことができます。

脱毛サロンに行く前には事前処理をするへもどる



宮崎県の最新脱毛サロンランキングはこちらから↓↓↓ 宮崎市の人気脱毛サロン徹底比較のまとめ(写真付)

 - 脱毛