ホーム > 高血圧の基礎知識@高血圧の基礎知識A>高血圧の基礎知識B

高血圧の治療




高血圧の治療

高血圧の治療の目的とはなんなのでしょうか。高血圧とは慢性疾患の一つで、「これさえ
克服すれば大丈夫」ということはなかなか言えないものなのです。

様々な要因で引き起こされている高血圧。その治療は、いろいろな理由で上昇してしまっ
ている血圧をコントロール、つまり、一定の数値まで下げて安定させることが最大の目標
だといえます。

血圧は一日のうちでも上がったり下がったりしています。現に、瞬間的にはかなり血圧が
上がったとしても、ただちに身体に害がおよぶというわけではありません。高血圧とは、主
に一日の血圧の平均的な水準が慢性的に上がっている状態のことです。したがって、血
圧コントロールとは、1ヵ月から数ヶ月、あるいは1年間単位での血圧の変化をコントロー
ルしていくことを意味します。日々の継続が重要なので、一日単位での変化に一気一憂す
る必要はありません。

医療技術の進歩で、脳卒中などの高血圧による合併症が起こったときの、後遺症を最小
限に止めたり、今までは救えなかった命が救われるようなケースも増えています。しかし、
病気の発生数は下がっていないのが現実です。高血圧の合併症は、大変重い症状ばか
りなので、最も重要なのは予防です。しっかりと血圧をコントロールしていきましょう。




高血圧の食事


高血圧は慢性疾患であり、治療に際しては生活習慣全体を見直すことが最も肝要です。
なかでも、食事療法が治療における大きな役割を担います。

高血圧の症状が進んでいない人も進んでいる人も、食事療法による治療は不可欠になっ
てきます。ですが、食事療法といっても、特殊な食事を摂らなくてはならないといったもので
はありません。簡単にいえば、理想的な体重で健康的な生活が営めるようなバランスの取
れた食事を目指すわけです。しかしながら、高血圧の人は症状に応じて、血圧上昇に関
係する食材を意図的に避ける必要が出てくることもあるでしょう。

例えば、塩分を取りすぎると血圧が上昇してしまいます。日本人は特に塩分摂取量が多
く、平均では一日あたり6gも過剰だという指摘もあります。塩分の一日の推奨摂取量は6g
なので、平均で必要量の実に2倍も摂取していることになります。いままで無自覚だった人
は、とにかく極力塩分を控えるようにすることが大切です。

急に食生活を変えることはなかなか容易ではありません。時間をかけて少しずつ、健康的
な食生活を送ることができるように努力していきましょう。高血圧の治療だけではなく、長
寿のためにも役立ちます。








高血圧の基礎知識






玉ねぎの皮の秘密
黒にんにくの秘密