玉ねぎの皮(粉末) > ケルセチンの効果・効能 > ケルセチンは血圧に関係する!?

ケルセチンは血圧に関係する!?





ケルセチンはフラボノイドの多々ある種類のひとつであり動脈硬化に対する改善効果が
期待されています。

動物実験でも効果がみられるとの結果も出ているようです。
その結果では大動脈壁でのコレステロールの蓄積を抑制するとともに酸化ストレスを
軽減していくことが認められているとのことです。

このことからみられるように血中抗酸化を高めるケルセチンは様々な研究機関で研究が
すすめられています。

また日本人女性を対象とした研究ではケルセチンの摂取量が多くなればなるほど血中総
コレステロール、LDLコレステロールが低くなることが示されているそうです。

またさまざまな動物実験でも血中総コレステロール低下作用がみられています。研究がす
すめられている中で高血圧ラットの実験においてケセルチンを投与すると最高血圧の上
昇が抑えらたことや、軽症高血圧症の患者にケセルチンを摂取させると血圧が低下する
ことも報告されています。


ケセルチンは血中コレステロールの低減に非常な効果があり、更なる研究がすすめられ
ているところです。
今現在でわかっていることは血管の保護、血流の改善を見込むことができるのでこちらの
症状を気にしている方には予防の意味合いもあり血流不全に悩む人に予防医学の面で
も勧めていきたいと考えている人も多いです。

血液の流れを改善するということは赤血球が改善しているということが考えられており研
究の結果、赤血球が酸化ストレスにより流れにくくなっている状況に作用し赤血球を流れ
やすくしていることに働きがみられる。

ケセルチンはストレスに対し軽減、または改善に向かう作用を施しているとの見方もでき
ます。




ただケセルチンは体内に吸収されにくいという性質があるので吸収を助けるものの物質
の研究結果として糖との融合で体内への吸収がたやすくなるとの研修結果もでています。

これは糖と配合した配糖体というかたちでは水溶性が向上し体内への吸収効果が高まる
ことが明らかになっています。配糖体という形では野菜に含まれていることがわかっていま
す。活性酸素を除去し、老化防止やがんの抑制にも効果があるとの報告もあるそうです。
また脂肪細胞を死滅させる事に関連してアレルギーの原因となるヒスタミン
の過剰な分泌を抑える働きがあることも立証されているそうです。

同時に抗炎症作用もあるため継続した投与でアレルギー症状の緩和に効果があることが
確認されています。

※ライディングサービス調べ


ケルセチン豊富な玉ねぎの皮が全国放送で紹介されました:動画2分







高血圧の基礎知識






玉ねぎの皮の秘密
黒にんにくの秘密