玉ねぎの皮(粉末) > 玉ねぎの効能

玉ねぎの効能







玉ねぎの効能を教えてください。

いろいろありますが、特に注目されている主な効能は次の6つです。

  ◎動脈硬化の予防   ◎高血圧の予防   ◎消化促進・食欲増進
  ◎疲労回復      ◎精神不安定    ◎不眠症


料理に多く使われている身近な食材の一つである玉ねぎは、庶民的な野菜です
が、いろいろな効能があることでも知られています。
ここでは、玉ねぎに含まれている3つの栄養成分の効能について取り上げましょう。



1、硫化アリルの効能

料理をする人を“泣かせる”食材の一つ、玉ねぎは、刻んでいると鼻にツンとしたにおいが
来て、その瞬間涙がボロボロ鼻水タラ〜リとなってしまいます。この原因の物質は、硫化
アリルと言います。

この硫化アリルは揮発性・水溶性なので、涙や鼻水は、玉ねぎを切る前にしばらく冷やし
たり、切り口を水で濡らしながら切ったりすると防げます。

しかし、硫化アリルは健康に良い成分ですので、水にさらして流してしまわず摂取した
いものです。どんな効能があるかと言うと、食欲増進作用や殺菌作用、利尿作用、
発汗作用などです。

ですから、風邪を引いたときなどには効果のある食べ物です。水溶性の成分を摂れるよう
にスープなどにすると良いでしょう。




2、アリシンの効能

玉ねぎのツンと来るにおいの原因は、硫化アリルだけでなく、アリシンも関係しています。
アリシンは、にんにくやニラなどにも含まれている、ネギ科の野菜特有の成分です。

その効能はというと、まず代謝を良くするビタミンB1の吸収を助ける、ということがあり
ます。つまり、食べたものをエネルギーにしやすくなる訳ですので、スタミナアップや
疲労回復に役立ちます。

また、神経を鎮めたり眠りやすくする働きもあります。
眠れないときには、玉ねぎを切って枕元に置いておくと、アリシンが揮発してその成分
で眠りやすくなります。アリシンは熱に弱い性質がありますので、料理するときは火を
通さずに薬味などとして生で食べるのが良いでしょう。




3、ケルセチンの効能

玉ねぎを料理に使うとき,ほぼ例外なく茶色い皮を剥きます。
実は、この皮にはケルセチンというポリフェノールが含まれています。
ケルセチンは他のポリフェノール同様、抗酸化作用があり、細胞の衰えを防ぐのに効果
があります。

また、血液をサラサラにして血栓ができたり血管壁が硬くなったりするのを防いでく
れますので、生活習慣病の予防という効能があることも分かります。

それでは、ケルセチンが豊富な玉ねぎの皮をどのように食べれば良いのでしょうか?
セロリの葉やパセリの茎、にんじんの皮などと一緒にダシパックに入れて煮込み料理
に使うと、成分が溶け出します。こうすると、グルタミン酸という旨み成分も染み出て、
料理をおいしくすることもできます。


>玉ねぎの皮の粉末で血液さらさら!!とくダネTVにて紹介されました>>



ご注意 ※効能はその効果を万人に保証するものではなく、あくまでも目安となります。





高血圧の基礎知識






玉ねぎの皮の秘密
黒にんにくの秘密




スポンサーリンク スポンサーリンク